診療案内Clinical treatmentrmation

フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術

最近の白内障手術では、患者様のニーズや手術後のクォリティーオブライフ(QOL)の向上が重要視されています。これは、患者様の仕事や日常生活に合わせて、手術法や眼内レンズ(マルチフォーカルレンズやトーリックレンズ)を選び、手術後に快適な生活を送っていただくことを目指していくことです。
近年、フェムトセカンドレーザーは、屈折矯正手術(LASIK)や角膜移植に利用され、この技術を白内障手術に応用し、従来の医師の手による手術からフェムトセカンドレーザーを用いて白内障で濁った水晶体を切開する新しい方法がアメリカを中心に広まり、当院でも2012年6月に導入致しました。
フェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術は、水晶体嚢の前面を真円に切除する事が可能で眼内レンズを水晶体嚢の中心に移植することができ、レンズの変位や傾きを最小限にする事ができます。
また、超音波手術での使用エネルギーを大幅に低減する事ができ、眼の負担が少ない方法です。核が硬く、白内障手術が難しいと言われた方でも手術が可能になります。

よくあるQ&A
従来の白内障手術と何が違うのですか?
・レーザー白内障手術とは手術工程の半分をレーザーが行う手術です。
レーザーにより真円に切開できるとレンズを正確に装着でき、術後のレンズのズレが発生しにくくなります。
・手術が難しいとされている方の手術も可能となります。
水晶体にレーザーで正確に切れ目を入れるため、固くなった水晶体を柔らかくし、他の部位に与えるダメージを最小限に抑えます。
私はこの手術に適していますか?
レーザー白内障手術は診察をして目の状態を見ないと適しているかどうかは分かりません。

適している方

  • ・内皮細胞が少なく手術が難しいと診断された方
  • ・チン氏帯が弱い方
  • ・多焦点レンズ、乱視矯正レンズを入れたい方

ナノレーザー白内障手術機器の導入による、オールレーザー白内障手術へ

様々な分野で日々目覚ましい進化を遂げるレーザー技術は眼科領域においても応用されています。当院では2013年に日本でいち早くフェムトセカンドレーザー白内障手術機器を導入して以来、レーザー技術を駆使し、患者様に優しい医療の提供に努めてきました。
日本にも世界と同じ医療を導入したいと考え、新たにナノレーザー白内障手術をはじめました。
従来の白内障手術では水晶体を砕く際に超音波を使用しますが、超音波に代わりレーザーでおこなうことにより、目に与えるダメージを抑えることが可能となりました。
更に当院ではフェムトセカンドとナノレーザー白内障手術機器の併用で、オールレーザー白内障手術をすることができるようになりました。

ナノレーザー

お問い合わせ・予約受付はこちら

一般診療やお問い合わせ

tel.0877-46-4481

レーシックに関するお問い合わせ

tel.0120-46-8949

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら