施設紹介Facility introduction

  • 施設案内
  • 設備紹介

設備紹介

検査室

皆様の目を検診するための機材を備えています。

  • NEW

    光学式眼内寸法測定装置 IOLmaster700

    白内障手術の時に眼内に挿入する眼内レンズの度数を正確に決める監査器械です。

  • P2000 瞳孔計

    明るい時、暗い時の瞳孔の大きさを計測します。多焦点眼内レンズを使用するときに必要な検査です。

  • 角膜形状解析装置(TMS-4、Orbscan、Oculyzer)

    角膜の形状を詳しく解析し、レーシック 白内障手術で乱視の矯正を同時に行うかどうかを決める大切な検査器械です。

  • NEW

    前眼部OCT CASIA2

    前眼部を高速スキャンし、3D解析可能な最新型の装置です。前眼部の状態、白内障の状態、眼内レンズの度数、乱視矯正眼内レンズの度数、軸を決定できる器械です。

  • スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞測定)

    角膜内皮細胞の数を測定します。内皮細胞は再生しない為、少ない状態だと形が不正な細胞が多くなり目の透明度が減少します。
    種々の眼内レンズの前後に検査し手術の角膜内皮細胞の影響を検査します。

  • オートレフケラトメーター(屈折検査) ノンコンタクトトノメーター(眼圧計)

    近視、遠視、乱視や角膜のカーブを測る事ができます。眼圧計は、眼圧を測り、緑内障など目の病気を調べる為の重要な検査です。

  • 視力検査表

    一般的な視力検査ですが、内科で最初に血圧を測るように最も基本的で重要な検査です。

検査室(暗室)

目をより高度な機器で精密に検診するための機材を備えています。

  • 超広角走査レーザー検眼鏡200TX(眼底撮影検査機器)

    特殊なレーザーを使用し、瞳を開かなくても、180度の範囲で眼底写真が撮れます。
    普通の眼底カメラは30度の範囲しか取れません。

  • OCT(光学的干渉断層検査)

    CTスキャンと同じように網膜の断層撮影ができ、細かな浮腫や出血を検出することができます。黄斑部の治療には必要な器械です。

  • ERG(A、Bモード法)

    ERGは眼の心電図のようなものです。眼底が見えない状態の時網膜が機能しているかどうか調べます。
    Aモードは白内障が進行しすぎ、IOL masterで眼の長さが図れないときに超音波で眼の長さを測定します。
    Bモードはエコー法と同じで眼の中の状態が見えないような状態の時網膜の状態を調べます。

  • ウェブフロントアナライザー(KR-1W)

    光を面としてとらえ、眼鏡では矯正できない不正乱視の検出に使います。
    またその結果をレーシックに反映し不正乱視を治すこともできます。

  • 光学式バイオメータ(BioGraph)

    不正乱視でさらに細かい検査が必要な時、レーザ光干渉を用いてレーシックの手術料を決定します。

  • ゴールドマン視野計(動的量的視野検査)

    動く指標を見て前視野を計測できる器械です。

  • ハンフリー自動視野計(静的量的視野検査)

    明るさが変わる指標を見て静的視野を調べる器械です。 緑内障の経過を見るために重要な検査です。

  • 眼軸長測定装置(超音波Aモード、IOLマスター)

    レーザーを用いて眼軸を測定し白内障手術時に眼内に移植する眼内レンズの度数を決定します。

  • 網膜光凝固装置 PASCAL SLIM LINE

    シングルスポットから設定したパターンで光凝固でき早く治療が終われる新しいレーザー装置です。主に網膜や脈絡膜等の治療に使用しております。

  • YAGレーザー装置(セレクタデュエット)

    白内障術後に起こる水晶体嚢の濁りを除去したり、隅角や虹彩にレーザー照射し緑内障治療に使用します。

処置室

患者様の処置をおこなうための設備を導入しています。

  • スーパーライザー(HA-2200)

    近赤外線にて神経の緊張を正常な状態に戻す装置です。

手術室

手術用の機器を備えています。また室内は廊下側のガラス面から付き添いの方が手術を確認できます。

  • サージカルガイダンスシステム・カリストアイ

    手術中に前嚢切開の大きさや、乱視矯正眼内レンズを使用するとき、乱視の軸を手術顕微鏡に表示してくれる器械です。

  • NEW

    白内障手術機器・センチュリオン

    超音波をできるだけ使わないようにトーショナル水晶体核破砕ができる。器械です。手術中の眼圧も安定し安定した手術ができます。

  • 白内障手術装置・シグネチャー

    白内障手術装置です。2種類の吸引方式に対応し、パワーを上げても非常に安定した吸引が可能な装置です。

  • 白内障手術レーザー装置 CATALYS(カタリス)

    この装置には、目の状態を把握するための解析装置(前眼部OCT)を搭載し、それぞれの水晶体にあった切開の深さ、サイズ、中心位置が自動的に設定されます。前嚢切開、核分割、切開創ができ白内障手術の半分をレーザーを使用し行ってしまいます。

  • NEW

    白内障手術レーザー装置 femto LDV Z8

    Catalysと同じ器械ですが。Catalysより少ないレーザーエネルギーで同じことができます。また小型なので器械を必要な場所に移動できます。 またLasikのフラップも作れZ-LASIKが可能になりました。

  • NEW

    ナノレーザー

    超音波の代わりにレーザーで白内障を砕き眼内に吸引除去できる器械です。世界では多くの個所で行われていますが、日本では当院だけです。

LASIK関連器械

レーシックに必要な機種を揃えています。

  • エキシマレーザー/アレグレットWAVE EYE-Q ブルーライン

    平成20年1月に設置した新型のエキシマレーザー装置です。EYE-Qでより手術時間を短くする事ができました。

  • NEW

    Z-LASIK用 femto LDV Z8

    フェムトセカンドレーザーを使用しZ-LASIKLasikができるようになりました。

  • マイクロケラトーム

    レーシックの時メスでフラップを作る器械です。

網膜・硝子体手術装置

硝子体手術用機器です。

  • コンステレーション

    硝子体手術機械です。重症な糖尿病性網膜症、網膜剥離の治療に使われます。

お問い合わせ・予約受付はこちら

一般診療やお問い合わせ

tel.0877-46-4481

レーシックに関するお問い合わせ

tel.0120-46-8949

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら