手術費用一覧COST LIST

白内障手術の費用

各種眼内レンズを使用した場合の費用について

使用するレンズ 手術費用(片眼) 手術費用(両眼)
単焦点眼内レンズ(保険診療) 3割負担の方
約45,000円~
約90,000円~
単焦点眼内レンズ(保険診療) 1割負担の方
約15,000円~
約33,000円~
単焦点眼内レンズ(自費診療)
レーザー白内障手術
32万4千円(税込) 64万8千円(税込)
多焦点眼内レンズ(先進医療
2重焦点
50万(非課税) 100万(非課税)
トリフォーカル眼内レンズ(自費診療)
3重焦点
50万(税別) 100万(税別)
トリフォーカルトーリック眼内レンズ(自費診療)
3重焦点、乱視矯正
55万(税別) 110万(税別)
Mini Well(自費診療)
3焦点
50万(税別) 100万(税別)
Mini Well(自費診療)
3焦点、乱視矯正
55万(税別) 110万(税別)
LENTIS(自費診療)
2焦点
50万(税別) 100万(税別)
LENTIS(自費診療)
2焦点、乱視矯正
55万(税別) 110万(税別)
IC-8(自由診療) 50万(税別) -
Add on refractive 50万(税別) 100万(税別)
Add on toric 50万(税別) 100万(税別)
Add on toric
(高度乱視)
60万(税別) 120万(税別)
Add on progressive
(多焦点)
50万(税別) 100万(税別)

先進医療適用眼内レンズを使用した場合の費用について

先進医療とは、新しい医療技術の出現・患者ニーズの多様化等に対応する為に、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた先進技術として厚生労働大臣から昇任された医療行為の事を言います。

先進医療は、一般医療に比べるとその技術は高いのですが、技術料も高額となり、その費用は自己負担となります。しかし、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院)については保険診療となります。

先進医療にかかる技術料は、医療の種類や医療機関によって異なりますので詳細、最新の情報は下記の厚生労働省のサイトをご確認下さい。

お支払い方法

現金払い、各種クレジットカードに対応しております。

ご利用いただけるカードはVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、NICOS、UFJ、DC、DinersClubとなっています。

各種医療保険等の申請について

当院は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設の為
任意で加入されている医療保険、先進医療特約等の手術給付金が受けられる場合があります。

保険会社や契約内容で支給対象が異なりますので、
ご自身にてご契約の保険会社にお問い合わせ下さい。

手術給付金を請求する場合には、医師の診断書が必要になります。
保険会社によっては所定の用紙を準備している事もありますので併せてお尋ね下さい。

※当院では、診断書の発行に5,400円が必要となり、発行までに2週間のお時間を頂いております。
予め御了承下さい。

Add-on多焦点眼内レンズの費用

手術にかかる費用

手術を行う迄には、LASIKと同じ様に目の状態を調べる為の検査、医師による診察、術前の薬剤等が必要になります。
手術後にも、検査、診察費用及び必要な薬剤が発生しますが、当院の手術費用には術後6ヶ月間のこれらの料金を全て含んでおります。
※手術に関連しない疾患等はこの費用に含まれず、保険診療となります。

Add-on多焦点眼内レンズ手術費用

  • 【Diffractiva】Add-on多焦点眼内レンズ
    片眼21万6千円(税込) 両眼43万2千円(税込)
  • 【Toric diffracytiva】Add-on乱視矯正多焦点眼内レンズ
    片眼27万円(税込) 両眼54万円(税込)

手術後6ヶ月の手術に関わる検査、薬剤代金を含みます。

お支払いについて

現金支払い、クレジットカードがご利用頂けます。

ご利用いただけるカードはVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、NICOS、UFJ、DC、DinersClubとなっています。

現金でのお支払いの場合、手術当日にお支払い下さい。

レーシックの費用

レーシックに必要な費用とは?

レーシックの手術を行う迄には、目の状態を調べる為の検査、医師による診察、術前の薬剤等が必要になります。手術後にも、検査、診察費用及び必要な薬剤が発生しますが、当院のレーシック費用には、術後6ヶ月間のこれらの料金を全て含んでおります。

※検査、診察等で何らかの目の疾患や病気の疑いが出ることも有ります。
その際には保険診療にて診察を行う様になりますので、保険証の持参をお願いしております。
※レーシックと関係の無い検査、診察等は保険診療となり、負担額にそった費用が必要になります。

手術にかかる費用

  • 両眼 27万円(税込)
  • 片眼 13万5,000円(税込)

手術後、6ヶ月以降、3年以内に追加レーザーが必要となった場合のレーザー費用は無料ですが、
薬剤、検査、診察費用の負担が必要になります。

お支払いについて

現金支払い、クレジットカードがご利用頂けます。

ご利用いただけるカードはVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、NICOS、UFJ、DC、DinersClubとなっています。

現金でのお支払いの場合、手術当日にお支払い下さい。

各種生命保険等の申請について

任意で加入されている生命、医療保険にてレーシックが手術給付金の扱いになっている場合があります。保険会社や契約内容でそれぞれ異なりますので当院での確認は致しかねます。
ご自身にてご契約の保険会社にお問い合わせをお願いします。

お問い合わせの際にはレーシックの場合、エキシマレーザー角膜屈折矯正手術と担当者にお伝え下さい。
手術給付金を請求する場合には、医師の診断書が必要になります。
保険会社によっては所定の用紙を準備している事もありますので併せてお尋ね下さい。
※当院では、診断書の発行に5,400円が必要となり、発行までに2週間のお時間を頂いております。予め御了承下さい。

医療費控除について

レーシック手術は控除申請も行えるようですが、地域によって対応が異なる可能性もございます。

フェイキックIOLの費用

フェイキックIOL手術(後房型レンズ)に必要な費用とは?

手術を行う迄には、LASIKと同じ様に目の状態を調べる為の検査、医師による診察、術前の薬剤等が必要になります。 手術後にも、検査、診察費用及び必要な薬剤が発生しますが、当院のIOL手術費用には術後6ヶ月間のこれらの料金を全て含んでおります。 ※フェイキックIOL手術に関連しない疾患等はこの費用に含まれず、保険診療となります。

手術にかかる費用

乱視矯正有り フェイキックIOL手術費用

  • 両眼 81万円(税込)
  • 片眼 40万5千円(税込)


乱視矯正無し フェイキックIOL手術費用

  • 両眼 70万2千円(税込)
  • 片眼 35万1千円(税込)

手術後6ヶ月のフェイキックIOL手術に関わる検査、薬剤代金を含みます。
フェイキックIOL手術もクレジットカードがご利用頂けます。

お支払いについて

現金支払い、クレジットカードがご利用頂けます。

ご利用いただけるカードはVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、NICOS、UFJ、DC、DinersClubとなっています。

現金でのお支払いの場合、手術当日にお支払い下さい。

各種生命保険等の申請について

任意で加入されている生命、医療保険にてフェイキックIOL手術が手術給付金の扱いになっている場合があります。保険会社や契約内容でそれぞれ異なりますので当院での確認は致しかねます。
ご自身にてご契約の保険会社にお問い合わせをお願いします。

お問い合わせの際には
フェイキックIOLの場合、有水晶体眼内レンズ手術(後房型)と担当者にお伝え下さい。
手術給付金を請求する場合には、医師の診断書が必要になります。
保険会社によっては所定の用紙を準備している事もありますので併せてお尋ね下さい。
※当院では、診断書の発行に5,400円が必要となり、発行までに2週間のお時間を頂いております。予め御了承下さい。

医療費控除について
フェイキックIOL手術は控除申請も行えるようですが、地域によって対応が異なる可能性もございます。
控除について当院では対応できませんので、お住まいの税務署にお尋ね下さい。
お支払い時に領収書を発行しておりますので、確定申告の際にご利用下さい。

お問い合わせ・予約受付はこちら

tel.0877-46-4481

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら