当院についてINFORMATION

聖母眼科について

当院開院以来からの理念である「地方においても中央と同様の医療を提供する」を実現するためには、医療機器、検査機器の入れ替えが欠かせません。もちろん新しい機器の導入さえすれば良い訳ではなく、それを扱う者の知識や技術の向上が必要不可欠です。当院では、視能訓練士(ORT)の知識や技術水準の向上のために国内外の学会やメーカー主催のセミナーに積極的に参加する機会を与えています。
また職員全体のレベルアップと意識向上のため、月に一度発表形式での勉強会も行っております。
これからも地域医療を支える医療機関として努力を続けて行きたいと考えています。

沿革

昭和34年 眼科聖母医院開院
平成5年 聖母眼科医院として白内障手術を専門とする診療所を新築移転。
白内障手術装置AMO Black Maxを導入して超音波白内障手術を始める。
平成10年 医療法人社団聖モニカ会聖母眼科医院に組織変更
平成13年 白内障手術装置AMO社Sovereign及び、
ニデック社CV-24000に変更
平成14年 エキシマレーザー装置
WaveLight社AllegrettoWaveに変更
平成20年 エキシマレーザー装置
WaveLight社AllegrettoWaveEYE-Q Blue.lineに変更
平成22年 白内障手術装置Signatureに変更
平成25年 フェムトセカンドレーザー白内障手術機器Catalysを導入
平成26年 トリフォーカル眼内レンズを採用

院長紹介

院長
永原 國宏Kunihiro Nagahara

私が聖母眼科医院院長となってから、早いもので24年を迎えようとしています。当院では、白内障手術を多く行っており年間で2000例弱、現在までに7万例を超えています。
その他にも、レーシック、緑内障、角膜移植、網膜剥離、翼状片や眼験下垂手術などを手掛けており、地域における眼科医療の一端を担っています。
当院を訪れる患者様の症状や悩みは多種多様、千差万別です。
それら一つ一つの訴えにしっかりと耳を傾け、納得して頂けるよう、正確な検査データの収集と、患者様との緻密なコミュニケーションを心掛け、日々の診療を行っています。

経歴
昭和52年 東邦大学医学部卒業
同年 慶応義塾大学医学部眼科学教室入局
昭和59年 虎の門病院眼科勤務
平成元年 聖マルチン病院、聖母眼科勤務
平成 5年 聖母眼科医院院長
同年 ASCRS シアトルフィルムフェスティバルにてグランプリ獲得
平成 6年 フィルムフェスティバル部門賞受賞

海外でも手術及び講演活動

私たちは世界中の眼科医療のスペシャリストと常に交流しています。その結果生まれた、白内障の新たな手術手法「PhacoChop」の開発、屈折矯正手術「レーシック」においても当院においていち早く取り組んでおります。
また、世界中の研究者・技術者との情報交換を常に続け外国からの要請で現地手術の実施し、その経験をシンポジウムや講演会で発表することで、眼科医療の啓蒙活動にも取り組んでいます。患者さんがいる限り、そのために必要な研究や技術は惜しみません。
すべては当院の理念「地方においても最新の医療を提供する」ために。

地域貢献

最近はインターネットの普及により、専門的な情報さえ 誰もが簡単に入手する事が出来る時代になりました。
ただ、様々な情報が飛び交い、何が正確で何が間違っているのか素人の方には解らないまま、自分に良い情報のみを捉えて診察に足を運ぶ方も少なからず居ます。当院では、少しでも多くの人に正しい知識と新しい治療 法等を伝える為に年に1回、「目の健康セミナー」を開催しております。
毎年、専門の先生方をお招きの上、約300名程の聴講希望者が目の健康に関心を寄せて参加戴いております。お陰様で、2015年に行った「目の健康セミナー」で19回目を迎えることが出来ました。
毎年開催しているこのセミナーによって、事前に正しい情報を知ってもらい、適切な時に医療機関を受診できるよう、地域に貢献する医療機関として今後も正しい情報を広く伝える活動を続けていたいと思っております。

ナース/スタッフの教育・訓練

「ワンパターンにならないように」「流れ作業にならないように」が、手術スタッフのモットーです。常に新しいものを取り入れるスタイルは手術機械や顕微鏡、手術台ばかりではありません。時には、新しい術式を試みるのにも遠方からスペシャリストである医師をお招きする事もあります。
特に患者さまに対する声かけは、一方的で形式的な口調になりやすいものです。そこで、手術室内における患者誘導の担当者を設けました。担当者は患者さまのそばに居て、術中や術後の注意から日常会話など、とにかく声をかけて不安を感じる"間"を与えないようにし、リラックスした雰囲気作りを心がけています。また、術中のスタッフ間の会話は院長の方針により、「日本語禁止」となっております。
主にスペイン語か英語を使用するようスタッフ教育を行っております。これにより、スタッフから医師へ患者さまの目の状態や全身的な既往疾患のプレゼンを行う場合や、術中の合併症が発生した場合も、その患者さまの耳に入れたくないような言葉を使わずに情報の共有ができます。

コミュニケーション療法によるアフターケア

入院は患者さん本人とご家族どちらにも不安があるものです。

そんな不安をなくして患者さんが過ごせるように、私たち医療スタッフは治療のプロセスを明確にし、ひとつひとつ確認しながら完治を目指すコミュニケーション療法を行っています。
すべては安心の治療のために。

レーシックの変遷

今から20年ほど前だったと思いますが、サンディエゴでPRKにエキシマレーザーを利用した講習会を受けました。レーザーで近視を治せて難しい技術を必要としないこの手術は世界中で広く普及するだろうと感じておりました。しかし、当時は国内での導入には様々な問題に阻まれ、扱いに前向きな業者も居なかったのでなかなか導入できずにいました。
その間にレーシックが登場し、日進月歩の改良によって、手術成績も良好な事から、ようやく1999年にエキシマレーザー装置ニデックEC-5000を導入し最初の症例を行うことができました。当時は、レーシックの運用やスタッフ教育もまだまだ手探りに近い状態でしたが、当院では白内障手術を行うシステムがあり、スタッフもその事に熟知していた為、スタッフの教育と役割分担を決めて比較的スムーズに導入する事ができました。新しい事を導入するには、医師だけでなくスタッフの協力が不可欠です。そのために教育には十分な時間を取るようにしております。

レーシックは2000年以降、日本国内でも広く認知され、多くの医療機関でも施術されるようになりました。しかし、当時の日本では、国外で使用される高度なエキシマレーザー装置は認可されていませんでした。現在、当院で使用しているエキシマレーザー装置は2011年10月にやっと日本でも認可されましたが、これらは、私が医師として個人輸入して運用をはじめたものです。また、IT革命の時代の流れで情報伝達の早さと、技術革新の流れが早いこともあり、レーシックの装置も次々と新技術を導入したものが発表されています。
パソコンと同じで、5年も経たない内に新型機が出ますので、地方でも最新の機材で治療が受けられるようにと、常に新しい機材を導入し続けた結果、今のエキシマレーザー装置は4代目の物になっております。一時期は価格競争時代に入るのかとも思いましたが、最近では、レーシックを取り巻く環境も落ち着いてきたのかと思います。
価格もさることながら、信頼性が問われるようになったのではないでしょうか。
当院では、しっかり検査して、しっかり説明する。レーシックに限らず、白内障等の手術にも納得できるまで説明をして、手術に臨んでもらう。根拠となるデータは多いほうが良いので、最新の検査機器とそれに精通したORTと医師とで、希望者の方にシンプルにわかりやすく説明しております。

お問い合わせ・予約受付はこちら

一般診療やお問い合わせ

tel.0877-46-4481

レーシックに関するお問い合わせ

tel.0120-46-8949

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら