診療案内Clinical treatmentrmation

当院のレーシック環境

レーシック検査と手術の環境

当院では1999年の開始以来、様々な手術を行う経験からレーシックへの衛生面も配慮しております。
エキシマレーザー装置を手術室内に設置して、通常の手術と変わりの無い体制で行っております。

レーシックの主な流れ

レーシックは点眼麻酔だけで、ほとんど痛みを感じることなく手術ができます。

手術は両眼で約15分です。レーザー照射の時間は平均約20秒程度ですが、矯正する度数によって増減します。

手術後、入院の必要はありません。
術翌日の視力には個人差がありますが、1週間ほどで安定してきます。

レーシック検査機器から手術装置の紹介

様々な目の状態に対応する為に多くの検査機器を導入しております。
患者様の目の状態に合った検査機器を用いて、視能訓練士による検査を行っております。

  • WaveLight社 AllegrettoWave EYE-Q BlueLine

    WaveLight社
    AllegrettoWave EYE-Q BlueLine
    エキシマレーザーを照射し角膜を削る器械
  • WaveLight社 Allegro BioGraph

    WaveLight社
    Allegro BioGraph
    眼球の形(角膜のカーブ・厚さ・水晶体の厚さ・目の長さ)を調べる器械
  • WaveLight社 Allegro BioGraph

    ZIEMER社
    FEMTO LDV Z8
    フェムトセカンドレーザーで正確な位置にフラップを作ることができる
  • WaveLight社
    Allegro Oculyzer
    角膜の不正乱視を検出しそのデータをAllegrettoWave EYE-Qに送り、角膜の不正乱視をレーザー照射で治す器械
  • WaveLight社
    Allegro Topolyzer
    角膜乱視を検出しレーザー照射を行い乱視を治す器械
  • WaveLight社
    Allegro Analyzer(WaveFront)
    目全体の波面収差を検出しAllegrettoWave EYE-Qにデータを送り波面収差を治す器械
  • トプコン社
    KR-1W WaveFrontAnalyzer
    目全体の収差を検出する器械
  • トーメー社
    TMS-4 Advance
    術前・術後の角膜形状を検出する器械
  • コーナンメディカル社
    スペキュラー(角膜内皮測定)
    術前・術後の角膜内皮を測定する器械
  • PROCYON
    P2000 瞳孔計
    明るさを変えて瞳孔の大きさを検出する器械
  • Moria社
    エボリューション3
    マイクロケラトームを動かす器械

お問い合わせ・予約受付はこちら

一般診療やお問い合わせ

tel.0877-46-4481

レーシックに関するお問い合わせ

tel.0120-46-8949

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら