瞳コラムCOLUMN

瞳コラム TOPに戻る

これから白内障手術を受ける方へ

2018年7月28日

現在の白内障手術は屈折矯正手術と同じで、白内障手術を受けると眼鏡を使わずに日常生活ができるようになってきています。しかし以前に手術を受けた方はには当時そのような眼内レンズはなかったため乱視が残った場合は眼鏡で矯正するの、多焦点レンズがなかったため、近くを見るときに眼鏡が必要になるという白内障術後の患者さんを多く診察しています。 現在日本では乱視を矯正する眼内レンズは保険適応になっていますので自己負担分がいるようなことはありません。当院では現在保険適応の白内障手術の患者さんの約30%に乱視矯正用の眼内レンズを使用しています。また多焦点眼内レンズは先進医療適応で個人で入っている生命保険、先進医療特約で必要だったお金はすべて戻ってきます。 遠近メガネの必要がなく乱視も一緒に矯正できます。白内障術後にメガネのない快適な生活を望まれる方は一度ご相談お願いします。あなたに最適な多焦点レンズを選んで差し上げます。

CALENDAR

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CATEGORY

ARCHIVE

お問い合わせ・予約受付はこちら

一般診療やお問い合わせ

tel.0877-46-4481

レーシックに関するお問い合わせ

tel.0120-46-8949

受付時間
午前 8:00-11:00 午後 13:00-17:30
休診日
日曜・祝日/水・金曜日午後
来院の際事前にご記入いただいた問診票をお持ちいただくと、よりスムーズな診察が可能です。
問診票の印刷はこちら